秋季ソフトボール大会

 さあ!今秋もまた半期に一度のソフトボール大会の季節がやってきました!
2連覇を果たした愛媛連合はチームワークの良さで今回も勝利を導けるでしょうか!
それとも今度こそ三原チームが底力を見せつけ雪辱を果たすことができるでしょうか!
 まずは愛媛連合から優勝カップの返還が行われました。
そのあとの、先攻後攻を決めるじゃんけんでは、思わず力が入ってしまう三原チーム代表ですが、じゃんけんには負けてしまいました()

秋ソフト1

当日、どうしても都合が合わなかったり急な仕事になってしまったメンバーがおり、
人数不足が心配されましたが、そこは頭と心と体を使う曙社員、体の空いている人が主審や塁審を代わる代わる行い、それはそれは目まぐるしいゲームとなりました。
でも、元野球部という今回から新しく助っ人さんに加わってくださった方や、普段は大人しい社員の奥様まで参加してくださって、いつもに増して笑い声掛け声の絶えないゲームになりました。

秋ソフト2

今回両チームの守備がすばらしく、大きな声で「下がれ下がれ!前へ前へ」と打者によって守備位置を変えるよう呼びかけたり、打者の癖を把握し、ボールの行方を想定して右に行ったり左に行ったり、それを見ているだけでも面白くて目が離せませんでした。

秋ソフト3

攻守ともに勢いのある試合を繰り広げ、第一試合は15-10で三原チームの勝利!
第二試合は、うちの試合にしてはめずらしく、得点が入らない回が続き、やはりそれだけ守備が堅かったのでしょうね。
結果は64で愛媛連合の勝利。
得失点差で、今回は見事三原チームが勝利の栄冠に輝きました。
優勝カップも一年ぶりにしまなみ海道を渡ります。
 そしていつものように来たときよりも綺麗に片づけ、グランド整備もしたあと美味しいお弁当も頂き、いよいよ表彰式です。

秋ソフト4

三原チームの晴れやかな顔!いいですね!

秋ソフト5

ホームラン賞は5人が手にしました。
一人で2本打った人もいました。
ファインプレー賞、敢闘賞、殊勲賞も続々発表され、そして最後に最高殊勲賞に輝いたのは、三原チームの若手社員でした。
そういえば、ホームラン性の打球を見事キャッチしていましたね。
今後は曙のエースとして活躍してくれることと思います!

秋ソフト6

そして子供たちも今か今かと待っていたご褒美の時間。
社長がひそかにユニフォームの裏に隠し持っていたかまきりを、腕につけた状態で渡そうとして、それを見つけた子供たちはご褒美は欲しいし、かまきりは怖いし、キャーキャー言いながらそれでもしっかりと受け取っていました。

秋ソフト7

 今回も怪我もなく、笑顔の絶えない大会になったことは、親睦会役員の方達の準備やご苦労があってこそです。
心から感謝いたします。
 次回のレポートは、そんな裏方さんの様子や参加者や子供さんたちの感想など違う目線から追ってみたいと思っています。

秋ソフト8

 
 
(記:中川陽子)
 

社内旅行【道南の旅】

 20197月、社内旅行に行ってきました。
今回は『登別&札幌周辺』3日間の道南の旅です。
今年は梅雨明けも遅く、じめじめ感から解放されると思うとそれだけで体が軽く感じます。
 初日は小雨模様でしたが、最初の目的地、登別温泉に向かいました。
たくさんの鬼達と硫黄の匂いとダイナミックに立ち上る湯気に迎えられ、のぼりべつクマ牧場へ。
大きな体で可愛く餌をおねだりするクマ達に癒されました。

登別

 2日目は、昨夜の宴会ではしゃぎすぎたのか、ガイドさんの案内の声が子守唄になっている人も数名いましたが、洞爺湖の透き通るような水面を車窓から楽しみながら有珠山、そしてニッカウィスキー余市蒸留所へ行きました。

洞爺湖・有珠山

シングルモルト、スーパーニッカ、アップルワインの無料試飲を楽しんだり、工場見学ではひとつひとつ手作業で行われる樽づくりの技に、ものづくりに携わる人間としてとても感銘を受けていました。
丁寧に誠実に仕事をし、お客様に喜んでいただくという精神は仕事や時代の違いに関わらず普遍的なものなのですね。
 次に訪れた白い恋人パークは、なんと2日前にリニューアルオープンしたばかりだそうです。
建物の外を見てまわるだけでも童心に返って楽しめ、いつまでもこの空間に居たい気持ちになりました。
屋内では、実際に白い恋人の製造ラインを見学することが出来、各々その機械の動きや製品を梱包する様子など立ち止まって熱心に見学していました。
ものづくり集団の魂が大いに刺激されたのではないでしょうか。

ニッカ・白い恋人

 夜の宴会は、当日と翌日に誕生日を迎える社員2名をお祝いして、ハッピーバースデーの合唱で始まりました。
北海道のグルメと地酒に舌鼓を打ち、満足した一日となりました。

宴会

 そしていよいよ最終日。
朝一番に訪れたのは、札幌場外市場。
蟹をはじめ採れたての魚介類を中心に、お土産を買いこみました。
お土産を選ぶのも旅には欠かせない楽しみですよね。
ここでしか味わえない豪華海鮮丼を堪能した社員もいましたよ。
 そのあと一行は大倉山シャンツェへ。
高い高い大倉山展望台まで5分間もリフトに乗り札幌の街並みを眺めたり、オリンピックミュージアムでは金・銀・銅のメダルも見ることができました。

札幌場外市場・大倉山

 旅の最後の目的地は羊が丘展望台。
レストハウスでジンギスカンをお腹いっぱいになるまで頂きました。
そしてクラーク博士の銅像の前でお約束のポーズで記念撮影(ちょっと違うポーズをしている人もいますね)
これで道内観光の終了となりました。

羊ケ丘展望台

  今回お世話になった、観光バス運転手さんとバスガイドさん。
安全運転で、バスの乗降の度に「お疲れ様でした」「おかえりなさい」と声をかけてくださる運転手さん。
今年4月に入社したばかりだという、キュートな笑顔と耳心地の良い声のバスガイドさんには3日間私たちを癒し楽しませて頂きました。
またいつかお会いできたらいいなと思わせてくれた方達でした。
また、その立ち居振る舞いや柔らかな言葉遣いは、学ばされることも多く、肯定的な言葉で相手と会話するというのは普段の電話応対でもぜひ真似をしたいと思いました。
私達の旅に花を添えてくださり、ほんとうにありがとうございました。

運転手さんバスガイドさん

 3日間の楽しく有意義な旅を終えて、社内の親睦もいっそう深まったと思います。
それぞれたくさんの思い出とお土産をいっぱい抱えて無事に帰路につきました。
 そして今回大変お世話になった添乗員の近藤さん、親睦会幹事の皆さん、おかげさまで楽しく充実した3日間を過ごすことができました。
ほんとうにありがとうございました。
 
(記:中川陽子) 

マイナビインターンシップフェア

 
 6/15()にアイテムえひめ(愛媛国際貿易センター)にてマイナビインターンシップフェアに参加しました。
当日は雨の中、たくさんの学生さんに来ていただき、ありがとうございました!
 松山本社副所長挨拶のあと、今回も若手社員中心で説明をさせていただきました。
会社説明やインターンシップ説明の合間に、大学の研究室の話や入社してからの話など歳が近いからこそできるお話もたくさんさせていただきました。

インターンシップフェア
 
 学生さんからは「もっと業務内容や設計内容を知りたい!」という声が多かったのですが、当日は時間も限られており、なかなか詳しく説明できず申し訳ありません。
 もし、設計の仕事をもっと知りたい!と思っていただけたなら、ぜひ当社のインターンシップへお越しください!
実際の業務事例を詳しく説明します!
さらに、簡単な設計体験もしてもらう予定です!
「設計って、どんな仕事?どういったことをするの?」
そんな疑問を解消できると思います。
 
インターンシップ開催日程は下記の通りです。
2日間コース
 ①  7/5(金) , 6()
 ②  9/2(月)  , 3(火 )
 ③  9/9(月)  , 10()
 ④  9/17(火) , 18()
 ⑤  9/24(火) , 25()
5日間コース
  8/26()8/30()
 
会場は松山本社(松山市木屋町3丁目10-13 3階)です。
時間は 8時~ 1645分です。
日程調整も可能ですので、お気軽にエントリーしてください!
 
↓エントリー・予約はこちら!
マイナビ2021

 
(記:淺野良典 )
 
 

春季ソフトボール大会

 
 令和元年6月1日、曙エンジニアリング春のソフトボール大会が小松運動公園にて行われました。
令和初のソフトボール大会です!
さてさて、令和初勝利の栄冠に輝くのは愛媛連合チームでしょうか、それとも三原チームでしょうか?

春ソフト1

 前回の優勝チーム愛媛連合から優勝カップ返還のあと、愛媛連合先行でプレイボール。
今春高校に入学したばかりの社員の息子さん、働き盛りの中堅社員、まだまだ若いもんには負けんと大ベテランさんの猛攻撃が早くも始まります。

春ソフト「2

それに負けじと一回裏、三原チームも安定の打線と走りでそれを上回る点を返し、2回表にはなんと愛媛連合大量得点!
打つ、守る、投げる、走ると、前回秋の大会よりも躍動感のある試合を繰り広げ、応援する側もいっそう盛り上がり、プレイヤーにも負けないくらい日焼けし、声も枯れました(笑)
試合結果は、第一試合19-14で愛媛連合の勝利。
第二試合は14-14で引き分け。
ということで愛媛連合、2大会連覇を果たしました。
いつものことながら、好プレー珍プレーはありましたが、今回特に感じたのは、勝ち負けに関係なく、どちらのチームもチームワークがとても良かったことです。
全身を使ってお互いをフォローし、ホームに帰ってきた仲間をハイタッチで歓迎し、エラーしたときは愛あるヤジを飛ばし、必死ながらも笑顔の絶えないゲームでした。

春ソフト3

いい汗をかき、ゲームを終えて試合の感想などを語り合いながらいただくお弁当は格別に美味しいものです。
お腹も満たされて、後片付けやグランド整備をしたあとは、いよいよお楽しみ、表彰式です。

春ソフト4

今回は、満塁ホームランやダブルプレーも飛び出し、プレーの質も高かったのではないでしょうか。

 
春ソフト5

怪我もなく無事に全ての行程を終えて、皆さん帰路につきました。
 来週はきっと筋肉痛と戦いながらの業務になると思いますが、頑張りましょう!
お疲れ様でした。

春ソフト6

(記:中川陽子)
 

花見会

 平成31年4月13日、今治湯ノ浦ハイツにて花見会を開催しました。
 まず初めに社長より
まもなく平成から令和に元号も改まりますが、引き続き感性を磨き、対応力を高めて、内外問わずどの場面でも安心して任せて貰える行動を心掛けて行きましょう。
と挨拶の言葉を頂きました。
 そして三原事業所長の乾杯の音頭により、春の宴が始まりました。

花見会1

 久しぶりに会う他事業所の仲間達としばし歓談のあと、クイズ大会を全員で楽しみました。

花見会2

 たくさんの賞品も用意して頂き、難問珍問にチャレンジし、なかには「字が小さすぎて読めない!」と嘆きながらも見事正解し、賞品を手にした人もいました。
 料理やゲームを楽しみ、仕事の話、家族の話なども尽きないなか、あっと言う間に時間は過ぎ、松山本社副所長の万歳三唱でお開きとなりました。

花見会3
 

 今年度も、わくわくしたい!わくわくしてもらいたい!の気持ちで元気に頑張っていきましょう!

花見会4

 最後に、
親睦会役員の方々、準備や進行を本当にありがとうございました。
 
 
(記:中川陽子)
 
 
  
 
 
 

 


会社説明会

 3/20、3/21に松山本社にて会社説明会を開催しました。
参加してくださった学生の方、ありがとうございました!
 当社の設計事例やスタンス、職場の環境、仕事の体制や経営理念を紹介しました。
設計事例の紹介では、話題の人工衛星はやぶさや枚葉印刷機の事例を紹介し、実際に設計に携わった技術者が説明しました。
現場の声を聞くことができるのは学生さんにとって、貴重な体験になったのではないでしょうか。

会社説明会3_20

 会社説明の最後には座談会も行いました!
就活生からは「(機械の)知識が無くても大丈夫ですか?」と質問がありましたが、当社では新人教育が充実しており、入社3か月は座学を中心とした研修を行いますし、現在機械系学部以外の出身の先輩も多数活躍中です!
 
次回の会社説明会の日程は下記の通りです。
○4/20(土) 13:00~, 15:30~, 18:00~
○5/11(土) 13:00~, 15:30~, 18:00~
 会場は、松山本社(愛媛県松山市木屋町3-10-13 3階)です。
今後も引き続き採用活動を行っていきます!就活生のみなさんのご来場をお待ちしております!
 
説明会予約はこちらから↓
マイナビ2020

 
(記:大松茉喜)
 


マイナビ就職セミナー(合同説明会)

 3/6(水)に松山市総合コミュニティーセンターで開催された、マイナビ就職セミナー(合同説明会)に参加しました。
生憎の雨でしたが、説明を聞きに来られた学生さん、本当にありがとうございました。
 若手社員が主体となって参加し、当社の概要や社内行事、設計実務の流れについて説明しました。
説明を聞いて、分かりやすかったと回答された学生さんが9割を占めており、業務内容についても、もっと詳しく知りたいという声が多く、とても嬉しく思いました。
 また質疑応答では、「設計の仕事をしていて達成感を感じた瞬間は何ですか?」という質問があり、「初めて達成感を感じた瞬間は、自分が設計したものが実際に動いているのを見た時です。」とお答えしました。
私は入社3年目でまだまだ若手なので、学生さんと近い距離でリアルな会話ができたと思っています。

gousetsu

 もっと知りたいと言われた学生さんも、まだ当社の事を知らない学生さんも、会社説明会の折にはより詳しい話をしますので、是非、参加していただければと思います。
 
次回の会社説明会の日程は下記の通りです。
○3/20(水) 13:00~,15:30~,18:00~
○3/21(木)   9:30~,13:00~,15:30~
 会場は、松山本社(愛媛県松山市木屋町3-10-13 3階)です。
就活生のみなさんのご来場お待ちしております。
 
(記:實盛大城)
 

会社説明会

 3/1(金)に愛媛大学で会社説明会を開催しました。
参加してくださった学生の方、ありがとうございました!
 先日、「はやぶさ2」が「りゅうぐう」へ着陸を成功したとニュースがありました。
説明会では、当社のスタンスや魅力を、小惑星探査機「はやぶさ」の設計事例や「はやぶさ」から「はやぶさ2」で何が変わったのかなどを交えながら、実際に「はやぶさ」の設計に携わった技術者が説明しました。
他にも、当社の職場環境や仕事の体制、経営理念、育成コンセプトなど、皆さんの知りたいことを詳しく説明しました。

会社説明会3_1

 
次回の会社説明会の日程は下記の通りです。
○3/20(水) 13:00~,15:30~,18:00~
○3/21(木)   9:30~,13:00~,15:30~
 会場は、松山本社(愛媛県松山市木屋町3-10-13 3階)です。
就活生のみなさんのご来場お待ちしております。
 
(記:淺野良典)
 

創立50周年記念式典

 平成 30122日、創立50周年を迎え、 121日に三原国際ホテルにて記念式典を執り行いました。
 
創立50周年式典集合写真
 
 
まず初めに社長から挨拶の言葉を頂きました。
社長挨拶
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(挨拶)
 創立50周年の節目にあたり、ささやかではありますが式典を催し、みなさんに記念品を贈呈してお祝いと御礼を申し上げます。
 50年という途方もなく長い月日を脈々とつないで来られた諸先輩方や同僚あるいは後輩のみなさん、関わって頂いた取引先の皆様方、また陰に陽にご協力頂いた皆様方に敬意を表し、これから未来をしっかり創って行く方向性についてお話させて頂きます。
 2014年(平成26年)6月に私が社長に就任してから4年半が経ちますが、就任当初から、育成に値する人材の獲得と若い世代の育成を新しい重要課題として取り組んで参りました。
 しかしながら人手不足が深刻化している「超売り手市場」という状況下で、人材を確保して行くことは容易ではありませんし、長年勉強し経験を重ね培ってきた技術やノウハウを、そんなに簡単に習得できるはずもありません。
 でも、よく考えてみてください。
状況が厳しいから、越えるべきハードルが高いからこそ、みんなで知恵を出し合い工夫してチャレンジするチャンスが与えられるんじゃないんでしょうか。
 具体的な例を1つ挙げますと、新人だから2年目だからこれはできないという発想じゃなく、目的を理解した上で、できる事とできない事の線引きができていて、相手を不快にさせない程度の一般的な常識と最低限必要な知識を備えているのならチャンスを与えようじゃないかというふうに考えていけばいいんです。
結果、失敗も多くあるでしょうが、成功した事、前進することもあると思います。
すると、できないと決めてかかっていた発想は、何とかできるかもしれないという風に変わってきますよね。
 そういう取組みに社員のみなさんがワクワクする会社を目指したいと思います。
人手不足?いいじゃないですか。やるべき事があふれている証拠です。我々も売り手市場です。
今、何をすべきか考えましょう。どうやって新たな価値を生み出すか一緒に考えましょう。
私は、みなさんの士気を高める事は社長の重要な使命だと思っていますので、どんどん前向きな提案をしてください。
みんなで張り切りましょう。
 50周年を境に第2創成期と位置づけ、それを担う責任と情熱をもって『ワクワクする会社づくり』に取り組んで行きます。
全社員が協力して、自信と誇りを持ってこれからの曙エンジニアリングを創成してくれる事を期待しています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
次に、会長の挨拶の言葉を頂きました。
会長挨拶

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(挨拶骨子)
 設計職に関わった当初から、相手の求めていることが何か理解し、それを間違いなく伝えていくことで、少しずつ信用を得ることを目標に腐心しました。
 社長に就任してからも、社員に一から図面の基礎を教え、「正確に伝えること」を第一に指導し、信頼を得、多くの取引先から求められ、礎を築いてきました。
 時代は進み、烏口を使い墨入れしていた図面が、鉛筆を使うようになり、CADが導入され、3DCADも使われるようになりましたが、現在でも「正確に伝える」ことの大切さは引き継がれています。
 CADというものは、非常に便利ではありますが、あくまでもひとつの道具であり、人が行う設計の基本や、一番大事な「伝える」ことを教え、学び、活かすことで信用を得てきたわけですから、これからも皆さんには、これでいいのだろうかと何回も見直し、ミスがあっては社会に迷惑をかけてしまうという設計者としての責任と自覚を持った人間になってもらいたいと思います。
 そして、現社長が皆さんを率いて明るい会社に発展していくことを私は確信しています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
続いて記念品の贈呈が行われ、松山本社渡部副所長が社員代表で受取りました。
記念j品授与

 
 
    
記念品

 
そして
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 今日の我が社があることも、社長、会長を先頭に、長年会社の発展に大きく貢献をされてきた、諸先輩方のお力があればこそと思うと、永い会社の歴史を切り開かれた皆様方の偉業に思いを馳せております。
 この先、 60周年、 70周年と会社が存続して行ける様社員一丸となって頑張っていく所存です。
 喜んで貰い、ワクワクして貰うという経営理念の下、新たな曙エンジニアリングの将来を社員全員で創っていくことをお誓い申し上げます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
と謝辞を述べました。
謝辞

 
50周年の式典を終え、本当にたくさんの方々に支えて頂いている事にあらためて感謝と重みを感じています。
これからも更なる未来に向けて、一丸となって歩みを進めて参りたいと思います。
 
(記:中川陽子)

秋季ソフトボール大会 

 平成30年10月20日、曙エンジニアリング恒例の秋のソフトボール大会が小松運動公園にて行われました。
 今年は、10月に入っても真夏日を記録するような厳しい残暑が続いていましたが、この日は秋晴れという言葉がぴったりの、爽やかな一日となりました。
 先日の記念行事といい、お天気の神様が微笑んでくれているようです。
おかげで、参加者みんなで行う白線引きなどのグランド整備をする作業もてきぱき捗り、予定通り、9時30分プレイボールとなりました。
ソフトボール大会

 まずは、前回優勝した、三原チームの優勝カップの返還。
 今回も、三原チーム対愛媛連合(松山本社・新居浜事業所)の戦いです。
 子供達も、毎回このソフトボール大会を楽しみにしているそうで、今回も 5歳児から高校一年生まで、大勢参加してくれました。
お菓子目的という噂もちらほら聞きますが(笑)
 取引先からも心強い助っ人が親子で参戦して頂き、盛り上げてくれます。
我が社の行事を一緒に楽しんで頂きありがとうございます。
 松山メンバーは、前回の雪辱を果たすべく、バッティングセンターに通い、筋肉痛と戦いながら試合に臨みました。
 ピッチャーはどちらのチームもベテラン社員。
 しかし、若手社員も今日ばかりは大先輩といえども遠慮はしていられません。
社長にも全力で戦います。
若い力で思い切りボールを打てば、守備は足をもつれさせながらもピッチャーをカバー。
 ここでも「喜んで頂く」「わくわくする」「次に繋げる」の精神で、普段の仕事ぶりを彷彿させる連携プレー、ファインプレー、珍プレー続出の試合でした。
一試合目は、17ー14で愛媛連合チームの勝利。
二試合目は、7ー5で三原チームの勝利。
得失点差で、今回の優勝は愛媛連合チームとなり、念願の優勝カップを手にすることができました。
優勝愛媛連合チーム

 表彰式のあとは、お楽しみ、個人賞の発表です。
個人賞

ホームラン賞、ファインプレー賞(珍プレーも含む)、社長賞、敢闘賞、殊勲賞と次々に名前を呼ばれ、いい汗を流したあとの爽快感と喜びで、皆笑顔です。
社長賞

そして、最高殊勲賞に輝いたのは、愛媛連合チームのベテラン社員でした☆
 
敢闘賞 殊勲賞

  お天気にも恵まれ、怪我もなく、互いに健闘を称えあいながら、いつものように来た時よりも美しく片づけを済ませ、小松運動公園をあとにしました。
バッティングセンター効果に刺激されて、来春のソフトボール大会に向けて、ひそかに練習を積む人がいそうな予感です。
 
集合写真

 
(記:中川陽子)

創立50周年記念行事『わくわくぶどう狩り』

 当社は、平成 30122日に創立 50周年の大きな節目を迎えます。
 そこで、いつも社員を支えてくださっている家族の皆さんに感謝を込めて、記念行事を企画しました。
 社長や親睦会役員で、色々案を練った結果、秋の行楽シーズンに、ぶどう狩りとバーベキューを行うことに決定しました。
『わくわくぶどう狩り』と題して、文字通り皆さんにわくわくしていただきたいと思い、企画する側もわくわくしながら、準備を進めていましたが、予定している日が近づくにつれて、台風が接近する予報が!
 楽しみにこの日を待っている皆さんのためにも、簡単に中止にはできません。
安全面も考えつつ、多少の雨なら開催出来るように、屋根付きのバーベキュー会場を借りるなどして対策しました。
 そして迎えた当日、お天気の神様は私達に味方をしてくれたようで、ぽつぽつ小雨も交えつつも、無事、ぶどう狩りもバーベキューも行うことができました。
 開会式では、前もって参加者の皆さん全員に配らせて頂いた、「わくわくビジョン」と書かれた用紙に、皆さんの現在のわくわくと、 5年後のわくわくを想像して書いて頂き、それを回収し、タイムカプセルに収めました。
記念行事開会式

 しっかり鍵をかけて、社長室に保管し、 5年後にそれを開ける予定です。
皆さんがどんなことを書いているのか、 5年後の開封が楽しみです。
 
 ぶどう狩りでは、園の方の配慮もあり、大きなハウスの中で、ぶどう狩りを楽しむ皆さんの笑顔、美味しそうに口いっぱいにぶどうをほおばるお子さんたちの笑顔を見ることができて、楽しい時間を一緒に過ごすことができました。
わくわくぶどう狩り

 そして、いよいよ会場を移動して、バーベキューの時間です。
お肉をいっぱい食べるために、ぶどうを食べるのをセーブした社員もいたとかいないとか。
 でも、野外で炭を起こして大勢で食べるお肉や野菜はとても美味しく、楽しく、そんな心配はどうやら不要だったようです。
わくわくバーベキュー

 バーベキューを楽しみながら、若手社員の進行で、ビンゴゲームをしました。
数字が出る度に、「あった!」「なかったー」と一喜一憂する社員やご家族。
次々とビンゴになった人達に景品を渡していき、最後のひとつで、大喜びする社員や、がっかりする子供たち。
 でも、そこは大人の対応で、お子さんに譲ってあげたりと、微笑ましい一場面もありました。
わくわくビンゴ大会

 楽しい時間はあっと言う間に過ぎ、来たとき以上に綺麗に片づけるまでが記念行事!
 閉会式では、社長のサプライズで、全員にぶどうのお土産をいただきました。
 今日という日を、楽しく温かく過ごすことができ、あらためて、曙エンジニアリングの団結力、見守って下さるご家族の皆さんの有りがたさを再認識することができました。
 今日の記念行事のおかげで、心にも身体にもパワーチャージ出来ました。
 これからも社員一同わくわくしながらさらに60周年、70周年を目指して頑張ります!
(記:中川陽子)